ゲームのオケコンに行った人にオススメしたい!かっこよくて壮大なオーケストラ曲5選

好きな作品のオケコンに行って、オーケストラにも興味が湧いた!けど、どの曲から聞けばいいかサッパリわからない…

とりあえず俺達に刺さる曲を教えてくれ!!

そんな方にオススメな、かっこいいオーケストラ曲を編集部の独断で選びました!

ショスタコーヴィッチ/交響曲第5番ニ短調「革命」より第4楽章

壮大!激しい!かっこいい!
絶望に立ち向かう軍隊が最後に手にするものとは…!?

この曲を作ったのは旧ソ連のショスタコーヴィチという人で、当時のソ連の体制を反映した作風と言われています。
不協和音が強制的に並べられ、金管楽器群の力強いメロディは一体なにを表しているのでしょうか。

チャイコフスキー/スラブ行進曲

細かい渦が重なり合い、長い旅を経てついに魔王と対峙します。※妄想です。

ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」より
「カスチェイ王の魔の踊り」

まず一発目でびっくり!
そして低く野太い音が踊り始め、だんだん高い音にも連鎖していきます。
一番高い音はピッコロという楽器で、フルートの仲間です。
木琴が大活躍しているのも聴きどころです。
象の鳴き声のようなパオーンという音はトロンボーンです。

マーラー/交響曲第1番ニ長調「巨人」より第4楽章

タイトル通りの絶望感です。個人的には進撃の○人もこの曲がピッタリだと思っています。
いくつもの悲劇が起き、ついに最大の敵が姿を現します。※妄想です。

メンデルスゾーン/交響曲第4番イ長調「イタリア」より第4楽章

常にあるリズムが高速で刻まれています。このリズムを乱してはいけないので、演奏のチームワークも難しい曲です。

いかがでしたか?

ぜひ、お気に入りの曲を見つけてみてくださいね!

関連記事

ページ上部へ戻る