部活や社会人オーケストラで、次回の演奏会の曲目を選ぶときに、
団員が挑戦したい曲 実際に演奏できる曲 はマッチングしないことも多いですよね。

そこで今回は、比較的挑戦しやすい交響曲をご紹介します。

とくに発足したばかりのオーケストラや、楽器初心者の多いオーケストラ部、そして今からアマチュアオーケストラに入団してみようと考えている方にご参考になれば幸いです。

ハイドン:交響曲第94番「驚愕」第2楽章


第2楽章は「びっくりシンフォニー」と呼ばれています。とても有名で、一度は耳にしたことのある方が多いと思います。
アンサンブルに慣れるためにも、最初にこの曲にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。
難所は多々ありますが、下降音階のところなどは実力アップにつながります。

シューベルト:交響曲第7番「未完成」


比較的弾きやすいのにとてもかっこよく、弾くほうも聴くほうも満足感のある曲です。
通常の交響曲は4楽章までのものが多いですが、この「未完成」は2楽章までと短いため、曲全体を把握しやすいこともポイントです。

ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」


ロマン派(国民楽派)の大曲のなかでは比較的弾きやすく、とくに第4楽章はCM等で使われることもあり人気の高い曲です。
第2楽章は日本でも「家路」というタイトルで親しまれています。
途中でイングリッシュホルン(またはコーラングレ)という特殊な楽器を使用するので、その点は先生に相談してみてください。

いかがでしたか?

いつか難しい大曲にチャレンジするためにも、今回ご紹介した曲で楽しみながらアンサンブルの基本を学びましょう。

写真素材のピクスタ

関連記事

ページ上部へ戻る