作曲家たちの生きた時代

おもにヨーロッパで活躍した、クラシックの作曲家たち。
その頃の日本はどういう状況だったのでしょうか。

作曲家の生きた年
ヴィヴァルディ  1678~1741年 江戸
バッハ      1685~1750年 江戸
モーツァルト   1756~1791年 江戸
ベートーヴェン  1770~1827年 江戸
ショパン     1810頃~1849年 江戸
ブラームス    1833~1897年 江戸~明治
チャイコフスキー 1840~1893年 江戸~明治
ドビュッシー   1862~1918年 江戸~明治~大正

日本の時代
江戸時代 1603~1868年
明治時代 1868~1912年
大正時代 1912~1926年
昭和時代 1926~1989年

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンといったとりわけ有名な作曲家が生きた時代は、日本は江戸時代でした。
江戸時代は鎖国だったこともあり、外国との交流がほぼなかったため、イメージがしづらいですね。

チャイコフスキーの生きている時に、日本は明治時代となり、文明開化がありました。
西洋の文化や音楽に初めて触れたとき、日本の人々はどんなことを思ったのでしょうか。

明治以降は、日本の音楽家たちがヨーロッパに留学し、現地で交流した記録なども残されています。
大正・昭和になると、リサイタルのために日本を訪れる作曲家・演奏家も出てきました。例えばプロコフィエフやストラヴィンスキーが来日しています。

日本の歴史と音楽史を重ねてみると、意外な発見があるかもしれませんね。

写真素材のピクスタ

関連記事

ページ上部へ戻る